foot-icon18.png 雷電神社春祭    北部地域

雷電神社の草創は古く、天喜2年(1054年)の足利成行の両崖山築城にまで遡ると伝えられ、その後、長尾氏3代目の景長が両崖山城修築の際に城の守り神として、永正9年(1512年)に社殿を造栄したといわれています。

春祭では、明治11年に神殿改築と同時に神楽殿が造栄され、伊勢両国から伝えられた大和流神代神楽(市指定無形文化財)が演ぜられます。

基本情報・アクセス
開催日
平成29年4月23日(日)※毎年4月第4日曜日
午前9時~午後3時

開催場所
雷電神社(本城1丁目)
calendar-icon.png 2018年1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

loading.gif