神迎祭(おかえり)    北部地域

旧暦 10 月(神無月)は国内の神々が出雲大社に集まり、旧暦 11 月 1 日にそれぞれ国元へお帰りになります。板倉神社の神様は、出雲大社とは親戚のため、残務整理で一足遅れて、旧暦 11 月初午の夜に帰ってくるといわれ、「神迎祭(おかえり)」が行なわれます。

夜になると氏子たちは神社に集合してお祓いを受けてから、村のはずれにある大前坂まで神様をお迎えに行きます。「ダイショ、ダイショ、オムカイショ」と唱えながら賑やかに迎えに行きますが、神社に戻るときは一言もしゃべらず帰るのが特徴です。

また、板倉神社の神様は非常に醜い顔をしているので人間に見られることを嫌い、「この時に顔を見た者は 3 年以内に死ぬ」との言い伝えがあり、必ず夜に行われます。 帰路は静かな行列となって神社に戻ります。

市指定の民俗文化財となっています。
基本情報・アクセス

開催日時
令和4年11月25日(金)※毎年旧暦11月初午の日に開催
午後7時頃~(予定)
※新型コロナウィルス感染症の状況により、縮小開催または中止の可能性がございます。
 また、一般の方のご見学はご遠慮頂く可能性がございます。


開催場所
板倉神社 (板倉町436)

電話番号
板倉神社氏子総代 中島様 TEL 0284-63-1785
※不在の時は留守電に問い合わせ内容を記録してください。

アクセス
東武伊勢崎線足利市駅より車で約15分
JR両毛線小俣駅より車で約5分
北関東自動車道足利ICより約20分
東北自動車道佐野藤岡ICより約50分
北関東自動車道足利ICより約20分
2022年9月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30