閻魔大王大祭    まちなか

閻魔大王の座像(約2m)が有名で、「えんまさま」と呼ばれており、お堂の前に立つと、自動的に「えんまさま」のお姿が照らし出されます。
近年では、受験の学生さんがお参りに来る姿も見られます。

大祭では威勢のよい太鼓の響きに合わせ、家内安全・無病息災・厄難消除・学業成就の御祈願が行われます。

今年(2019年)は大祭に先立ち、米粒名号の実演と販売が行われます。
※米粒名号とは、米粒に「南無阿弥陀仏」と書かれたものです。

長野県の長谷寺の小林育道上人をお招きし、実際に米粒名号を書いて頂きます。
当日はこの米粒名号にストラップを付けて販売致します。
(売上はすべて育道上人の支援する熊本地震の復興資金としてお送りいたします。)
また、希望者には米粒に字を書く技術もお教えいたします。


大祭

平成31年1月16日(水)午前11時~
 米粒名号 午後5時~6時(米粒に文字を書いたものを実演販売します)
 法要   午後6時~

前日祭
平成31年1月15日(火)午後2時30分~4時30分
「閻魔さまのお話とお箏の調べ」入場無料
 えんま様の鎮座するお堂の中で、えんま様にまつわるお話や幽玄なお箏、
 みさと笛の音色をお楽しみください。

◆一部 講話(午後2時30分~)
  「地獄でイノシシ」 足利民俗セミナリー 中島太郎 氏
◆二部 箏・みさと笛・尺八の演奏(午後3時30分~)
  箏・恵夢の会
基本情報・アクセス
開催日
1月16日並びに8月16日※毎年同日開催
午前10時~午後8時頃
(お経は午後5時頃から)

開催場所
利性院(足利市井草町2388)

アクセス
東武伊勢崎線足利市駅より徒歩で約10分
JR両毛線足利駅より徒歩で約10分
北関東自動車道足利ICより約10分
東北自動車道佐野藤岡ICより約30分
2019年9月
1

2

3

4

5

6 7
8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30