史跡足利学校(まちなか)

足利学校の創建については様々な説があります。平安初期に小野峯が創建したという説。ですがどれが正しい説であるかは現在も解明されていません。

足利学校の歴史が明らかになるのは室町時代中期です。上杉憲実が関東菅領になると学校を整備し、書籍の寄進や庠主(校長)を招き入れ、学生の養成をしました。16世紀の初頭には生徒は三千人を数え、フランシスコ・ザビエルによって海外にも紹介されました。

現在の姿は落雷により消失してしまった江戸時代の姿を復元し、当時の学徒がどのようなところで勉強していたのかを、皆さんが見学できるように一般開放しております。


基本情報・アクセス

所在地

〒326-0813 栃木県足利市昌平町2338

電話番号

0284-41-2655

アクセス

JR両毛線足利駅から徒歩10分
東武足利市駅から徒歩15分
北関東自動車道 足利ICから10分

駐車場

太平記館 観光駐車場(無料)

営業について

参観時間
(4月~9月)午前9時~午後5時(受付は4時30分)
(10月~3月)午前9時~午後4時30分(受付は4時)
休館日
第3月曜日(祝日、振替休日のときは翌日)
年末(12月29日~31日)
ただし、施設整備等のため休館日が異なる場合がありますので、ご来館の際は、直接足利学校へお問い合わせ下さい。
または、足利市ホームページ(史跡足利学校事務所)をご覧ください。

参観料
(一般)個人:420円 団体:340円
(高校生)個人:210円 団体:170円
※中学生以下、障がい者の方は無料
※団体は20名様以上